【HOI2DHカイザーライヒ エチオピア】後方の憂いを断つ

大陸のサンディカリストは一掃出来ましたが、まだ、イギリス連合、イタリア社会主義共和国、クレタ、トルコといった陸路ではいけない国が残っています。
これらの国と戦う為には海軍の増強が必要不可欠ですが、DHでは空母建造に1000日近く掛かったりと軍艦全般の建造時間が半端無く長いので準備にもう少し掛かります。(インターナショナルと戦端を開いた少し後に空母の建造を開始しましたがまだ完成まで1年半以上掛かるみたいです。)
準備が出来るまでやる事が無いので陸路で行けるサンディカリスト国家の解放をして周ろうと思います。

中央アメリカに宣戦布告されました

中央アメリカに宣戦布告されました、気付けば我が国の好戦性は413にまで増加していたので仕方ないですね。

南コーカサス社会主義共和国

最初の目標は南コーカサス社会主義共和国です、先の戦いでは壁として非常に役立ちましたが全体主義国家という事もあり何時インターナショナル陣営に加盟しても可笑しくない筈なので、ここで叩いておきます。

(スクショ撮り忘れ)

難なく併合、これでカフカースは大分すっきりしました。

フランス国粋派の本土復帰イベントはない?

協商国側のエチオピアがフランスコミューンを併合したにも関わらずフランス国粋派の本土復帰イベントが起こりません、復帰イベントは用意されていると思うのですが、同盟国が開放するのではイベント発動しないのかな?さすがに手動で返すのはキツイのでイベントが発動するのをもう少し待ちます。

ディシジョン「国家による研究機関への投資」

資金が24万以上と途轍もない数字になっていたので、ディシジョンの「国家による研究機関への投資」を実行してみます。
今回は資金4000を使って「包括的な投資」を実施します。かつて弱小国時代には国家予算のほぼ全部の資金600を投資してリターンが青写真一枚という最悪の事態を招いてしまいましたが、今や金満国家になったエチオピアなら失敗しても無傷で済むでしょう。
実行して気が付いたのですが国民不満度も-2されました、宣戦布告で上昇する国民不満度もこれで帳消しに出来るので今度から宣戦布告後に積極的に使っていきます。

イタリア内戦

何かしらのイベントが発生してイタリア連邦がイタリア社会主義共和国に宣戦布告しました、この事でイタリア連邦と同盟を結んでいるカルリスタとポルトガルもインターナショナル陣営と開戦します、てか今1958年なのですがまだ開戦イベント用意されてるんですね。

大変結構!

「国家による研究機関への投資」の結果が出ました、青写真二枚という結果ですが資金の使い道も無いですし核関係など研究速度の遅い分野の設計図引いたら嬉しいので今後も投資は続けて行きます。

南イタリアが優勢

イタリア連邦が勝つかなあと予想していたのですがイタリア社会主義共和国が優勢という展開になっています、このままでは我が国の国境とイタリア社会主義共和国の国境が接してしまうので、バールティアコミューンとの開戦用にインドに移動させていた主力部隊をヨーロッパに移動させます。

イタリアとインドを行ったり着たりするエチオピア軍

と思ったらこの位置で膠着しました、イタリア連邦に宣戦布告してイタリア連邦ごとイタリア社会主義共和国を併合してしまえば良いじゃんと思うかもしれませんが、何となくサンディカリスト国以外に宣戦布告したくないんですよね、協商国はヨーロッパの解放者だぞという気持ちでやってます。
とりあえず最小限の防衛部隊だけ残して主力はインドに再配置します、兵士の皆には行ったり来たりさせて申し訳ないですわ。

次へ

タイトルとURLをコピーしました